肩こりをストレッチで解消しよう【リスクの少ない方法を知っておく】

MENU

手軽にできる健康管理

肩こり

色んな方法を知っておこう

肩こりに悩む人は非常に多く、ちょっとしんどい程度のものから生活に支障をきたす程度のものまで幅広く、ケアを要する身近な不調の一つです。とはいえ、医療機関での治療を受けるほどでもないが、何とかしたいときに試してみるとよいことの一つがストレッチです。ストレッチは筋肉を緩やかに伸ばすことで血流量を増やし、代謝を向上させることが期待されます。しかし、方法を誤ったりやり過ぎたりするとコリや痛みが余計にひどくなる場合があるので、リスクの少ない方法を知っておく必要があります。肩に特化した方法としては、首を左右にゆっくりと傾けて10秒程度保ちます。この際に「伸びている」という状態を味わうのがコツです。1回目は物足りないくらいの傾き、2回目は痛くない程度にしっかりと行います。このようなやり方を「二段階ストレッチ」といいます。二段階ストレッチは急激に筋肉を伸ばさず、ゆっくりと伸ばす範囲を広げていきますのでリスクが少ないです。肩の場合はリスクがあると疾患につながってしまう可能性があるので、二段階ストレッチを行うと安全です。また、肩を耳につけるつもりでしっかりと上げて数秒間保ち、一気に力を抜きます。力を抜いた後はそのままの姿勢を保つと肩に温かさのような感覚が得られます。これを「漸進的筋弛緩法」といいます。漸進的筋弛緩法は「筋肉が緩んでいく」ことを味わうことがコツです。また、強くやり過ぎるとつってしまうこともあるので、全力の7割程度の力で行うのがいいでしょう。このように、手軽にできる方法を知っておいて日々の中で試してみてください。なお、どうしても不調が治らない場合は早めに医療機関を受診されることをお勧めします。

RECOMMEND POST

Copyright© 2018 肩こりをストレッチで解消しよう【リスクの少ない方法を知っておく】 All Rights Reserved.